うすいの気まぐれな日記

手話、聴覚障害、マイノリティなどについて発信するブログです。

口が見える

今日は朝からいろいろあったので外食。ちょっと遅い時間に行ったけれど、人気があるのか混んでいました。20分くらい待った後、店員さんに案内されて中に入りました。

 

店員さん、透明のマスクをしていたので思わず「口が見えてていいね」と同行者に話したら「え?」。

 

同行者は聴者だったので「いやぁ、普段そういうのは意識していなかったです」。

 

マスクの話、聞こえない人の間では、しょっちゅう話題になるネタの一つ。

白いマスク(黒いのもありますね)が一般的に使われていますが、口が見えなくなることは【その人が何を言っているのか分かる術】を遮られてしまいます。

 

口がもごもご動いているのはマスクの上からでも分かります。

何を言っているのかは、口の形を見ないと分からない。見ても分からないことはあります。でも、全く口が見えないよりは良い。

 

ろう者同士で手話で話すときも然り。相手がマスクをした時点で情報量が50%減ってしまう感じ。顔の動きも手話の一部であり、手だけを見て理解するよりも、口元を中心に顔全体を見ています。

 

そういう意味では、マスクは聞こえない人にとって【できれば、透明だとありがたい】存在です。

 

でも、風邪引いたらマスクしなきゃですね。

f:id:syuwakoushi:20170531225551j:plain

(旅行先の朝食。朝から鍋でした。)