うすいの気まぐれな日記

手話、聴覚障害、マイノリティなどについて発信するブログです。

語感は人による?

8月になりました。職場には県内外問わず、来客が続いています。ありがたいことに、お土産も持ってきてくださることも。

 

中には、「ええ?」と思わず二度見してしまうものあります。

f:id:syuwakoushi:20170801234821j:plain

 

今年の流行大賞に選ばれそうな言葉、「忖度(そんたく)」。

忖度まんじゅう。温泉まんじゅうのような、手軽に食べられるものでした。ご馳走様です。

 

この「忖度」。今年は何かとニュースで頻繁に使われていたのですが、すぐには意味がつかめられずにいました。なんとなく違和感がありました。

 

そんたく。ソンタク。

 

なんか、「損(そん)」しているような気がして。別に、損得は関係ないのですが、そん、という語感が微妙に引っかかっていました。

 

語感。

語感とは、文字通り、言葉に対する感覚。

 

損する、という動詞があるからかもしれません。でも、この語感はあくまでも私だから感じるものであり、他の人はどうなのかというと、「え?全然考えたこともなかったわ」と答える人も。

 

 

 

そんたく。

最近は少しずつ、本来の意味と言葉の語感がマッチしつつあります。

 

この語感は、どこからくるのでしょう。そして、手話にもあるのかどうか。

この続きはまたの機会に。

 

きょうもごきげんよう