うすいの気まぐれな日記

手話、聴覚障害、マイノリティなどについて発信するブログです。

猫と高校生の話

 「本を守ろうとする猫の話」。

本を守ろうとする猫の話

本を守ろうとする猫の話

 

 

実用書ばかり読んでいると、時々小説を読みたくなる。でも、小説を読み始めたら時間がもったいない、そんな私に「本の愉しみ方とは何か」を気づかせてくれた一冊。

この本との出会いは偶然、書店を回っていたらデジャビュのような感じになってて。

 

表紙の色合いが、「冷静と情熱のあいだ」と似ていたせいかも。 

冷静と情熱のあいだ―Blu (角川文庫)

冷静と情熱のあいだ―Blu (角川文庫)

 
冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)

冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)

 

祖父の死によって古本屋に残された高校生のもとに、 一匹の猫が現れて次々と難解な冒険の旅に出かける。

という、すごく短くまとめてしまったけれど、青春なところもあるし、本を読むこと自体の本質的なことについて、高校生なりに考えて言葉にしていること、猫が話しかける一言それぞれに重みがあって、楽しく読めました。 

名著の引用もいくつかあり、読んだことのない漢字も出てきています。しかも、描写が具体的かつ象徴的で、その場面の心情、情景が目に浮かぶ感じ。

 

語彙力を鍛えるのに良い本です(最後はなんだかんだ言って実用書みたいな扱い?)。

 

f:id:syuwakoushi:20170620060141j:plain