うすいの気まぐれな日記

手話、聴覚障害、マイノリティなどについて発信するブログです。

たらい舟の町

あいにくの曇り空。朝から佐渡へ。 

佐渡への行き方は、ジェットフォイルとカーフェリーの二つがあります。

 

www.sadokisen.co.jp

カーフェリーに車載せたらラクだろうなぁと思ったら、ちょっと高め…。現地でレンタカー借りた方がお得な気が。

カーフェリーはゆっくり海の匂いを感じることが魅力!と思ったけれど、時間が合わず(所要時間2時間30分)。

 

ということで、今回はジェットフォイルで所要時間60分。

 

両津港に着いた後、島民の案内ですぐに南部へ。ものすごい雨が降り出しそうな空の下で、広ーい田んぼを走行。1時間くらいは走り続けてました。その先に着いたところが、知る人ぞ知る宿根木。

 

f:id:syuwakoushi:20170718225348j:plain

写真の向こうに見える「たらい舟」。あれに乗りました。3名揃って傘持ちながら(!)。

 

f:id:syuwakoushi:20170718063754j:plain

揺れるわ、揺れる!おっととと…。しかも雨がポツポツ降ってくるわ〜。

 

でも、このおじさん、動ずることなく、体幹がよほど鍛えられているのか、平然と漕ぎ続けながら「お〜い、大丈夫かね」と時々振り向いていました。観光産業ならではのプロ意識でしょうか。

 

f:id:syuwakoushi:20170718063739j:image

 (昔ながらの郵便局)

 

 

f:id:syuwakoushi:20170718063733j:image

(帰り際に立ち寄った酒蔵)

 

この酒蔵、数年前にも同じところへ行きましたが、当時と違ってビデオ映像に字幕がついていました。「あれ〜そういえば、数年前は手話通訳で見ていたよね」と当時が懐かしくなりました。

でも、ビデオ映像の前後に職員からの説明があったので同行者が通訳。

 

こんな感じで、日帰りの佐渡を過ごしました。次回も行きたい、と心地良く見送ってくださった島民の皆様に感謝。ありがとうございます。