うすいの気まぐれな日記

手話、聴覚障害、マイノリティなどについて発信するブログです。

お盆休みは帰るべき?

お盆休みが今日で終わりの方もいれば、もうちょっと休める方もいたり、全然お休みがない!という方も。

 

私もお盆休みはありましたが、ちょこっと仕事を進めていました。帰省しなかった私に「何で帰らんのや」「帰ったかと思った」。

新幹線や高速道路が大混雑するタイミングで帰るより、時期をずらした方がいいからと答えると「あ、そうなのか〜」。

 

お盆休み=帰省する、というイメージがあるのはその時期にならないと長期的に休めないからという事情が大きいからでしょうか。はたまた、家族の休みがその時期に重なるから?

 

私もかつては「お盆は8月13日〜15日で、必ず休むんだ」という何となく、漠然とそういうイメージを持っていました。でも社会的に、家族構成の変化や労働環境がひと昔と比べて多様化になったことから、お盆の過ごし方にも変化は起きているかもしれません。

 

f:id:syuwakoushi:20170815205722j:image

 

実家は、思い立ったらすぐに帰れる距離にあるわけではないので、ご先祖様には申し訳ない。でも、帰省した時にしっかり挨拶できればいいかなと。

そういう意味では、いつでも実家に帰れる距離にある方は、お盆=ご先祖様を迎えたり送ったりしてもてなす時期でもあるので、自然とそういう行動ができる。

 

帰省しないからといってご先祖様に失礼!という考え方はそろそろ古くなるかもしれません。労働環境が多様化している中、帰省するタイミングは必ずしも全員同じでないといけないという理由はないはず。

一昔前より、多様な生き方がSNSで語られるようになり、お盆休みのあり方も徐々に変化していっています。

 

これからのお盆休み、どうなっていくのでしょう。

 

今日もごきげんよう