うすいの気まぐれな日記

手話、聴覚障害、マイノリティなどについて発信するブログです。

内なる常識、時には非常識に

先日に続いて、佐渡ではここにも立ち寄りました。

「蓮華峰寺(れんげぶじ)」。

 

www.pref.niigata.lg.jp

 

「紫陽花寺(あじさいでら)」とも呼ばれている、島の鎌倉。

f:id:syuwakoushi:20170718235225j:plain

 

このお寺、珍しいのは「登る」のではなく、「降りて」本堂に向かうのです。

参拝する時、ほとんどは長〜い階段を登って、ようやく参拝、という流れなのですが、ここでは逆でした。

 

無意識に「登って参拝するもの」と当たり前に思っていたので、ガツンとやられました。それを象徴するかのように、降りていたら一気に土砂降り。近くで、雨宿り。

 

これがとても良くて、「雨って何だか嫌なだと思ってたけど、風情があって素敵」と、しばらく雨宿りの時間を楽しみました。屋根から雫が落ちてきて、下には川のように水が流れている。

 

普段の生活で、じっくり構えることが少ないような気が。もう少し、落ち着いて、動きましょう。そんなことを言われている気がしました。

 

f:id:syuwakoushi:20170719000620j:plain

 

当たり前に思っていたことを覆される、あらためて知ることも大事、と思った一日でした。

 

 

今日もごきげんよう