うすいの気まぐれな日記

手話、聴覚障害、マイノリティなどについて発信するブログです。

チケットホルダーは便利

用事あって名古屋へ。

名鉄電車に乗ろうとホームで待っていると、撮り鉄が数名。私が乗ろうとしていたのは、特急車両。学生時代に通学でよくお世話になっていた電車とはいえ、少々古い感じの車両だったはず。

なぜ今更?と不思議に思っていたら、ホームに入ってくる車両がこれでした。

 

名鉄車両博物館:1700系 - 電車のご利用案内 | 名古屋鉄道

 

なるほど、新しくなったのね。

分かる人は分かると思いますが、ホームに入ってきた瞬間「あ、前と違う!」。

デザインがなんとなく違っていました。電車にはそんなに詳しくないですが「さっきの撮り鉄さんは新車両が珍しいから撮っていたのかしら」と(勝手に)納得。

 

荷物も多かったので、今回は特別席に座ることにしました。距離に関わらず一律360円。ここまでは前の車両と変わらないのですが、新たに「チケットホルダー」というものがつきました。

写真撮っていないのですが、席に座ると目の前に「チケットホルダー」があり、特別席のチケットをそこに挟んでおくもの。成田空港への特急車両にもあったような気がしますが、これはとても便利。

 

車掌さんが確認しにくるのを待たなくても、ホルダーに挟んでおくだけで、こちらは窓側の風景を楽しんだり、パソコン入力に夢中になったりと落ち着けます。それに、居眠りしても起こされることはないです(かつて東海道新幹線に乗っていた時、指定席の確認のため起こされた経験あり)。

 

今の時代に合った工夫といったところでしょうか。便利でよかったです。