うすいの気まぐれな日記

手話、聴覚障害、マイノリティなどについて発信するブログです。

イカ焼きとイカ煮

今日は金曜日。翌日が休みの人にとって嬉しい日(だと思う)。

 

土日も何かをやっているのであまり気にならないですが、なんとなーく楽しそうな金曜日の夜。

 

居酒屋で楽しく飲む日もあります。


ビールはともかく、おつまみを注文する時、たいていメニューを指差しています。

声で話して通じる時もあるけれど、確実に指差した方が注文した通りのものが運ばれてきます。
メモにあらかじめ書いて、まとめて渡す時もあります。

 

今夜はイカ焼きが食べたくて、指差しで注文。

 

ところが運ばれてきたものは、「イカ煮」。

 

確実に通じる手段を選んだのになぜ??

 

伝票を確認してみると「イカ煮」。

あらためてメニューを見たら指差したところのすぐ下に「イカ煮」がありました。

イカ焼きとイカ煮の文字が確かに並んでいました。

 

指差したところで店員さんにとっては見えにくかったのでしょう。ああ、なんてこった。

 

せっかくイカしたもの食べたかったのに…残念。