うすいの気まぐれな日記

手話、聴覚障害、マイノリティなどについて発信するブログです。

「お土産」という気配り

今日も「3時のおやつ」が配られました。5年前にNPOを立ち上げたときは全然、そういう余裕がなかったけれど、今はほぼ毎日、お菓子が出てきています。

 

一気に仕事に集中してしまうタイプなので、このタイミングでお菓子が出てくると「ああ、もう3時か~」と少しばかりの息抜きに。

f:id:syuwakoushi:20170512212038j:image

 

このお菓子はありがたいことに、お客様からの差し入れやスタッフたちのお土産から出ています。今日は九州方面の珍しい豆。ちんちん豆。なんともお恥ずかし。


お土産から繰り広げられる会話も、その地域ならではのリアリティな情報が出てくるので雑学にもなります。

 

くまモングッズ専用のデパートがあるとか。新潟から離れている九州なので、特にアクセスしにくい地域の情報は重宝。


お菓子を味わいながら息抜き、そんな時間も少しできるようになりました、今年の5月。

小さなお土産、ぴりぴりした職場にちょこっと差し入れにいいかもしれません。
くまモン、というキャラは人を和ませる力があります。

さて、ちんちん豆、どんな味がするのでしょう。