うすいの気まぐれな日記

手話、聴覚障害、マイノリティなどについて発信するブログです。

食べに行こう、と思った時に、選ぶ基準になるものとは

「これから食べに行かない?」

 

近いところに行くとか、今日は寒いから鍋にしようとか、

 

幾つかのお店を選ぶ時。

その場で決まることもある一方、「あのお店、行きやすいよね」で選ぶお店もあります。

 

ろう者(耳が聞こえない人)にとって、「行きやすいお店」の基準は、「コミュニケーションしやすさ」が多いでしょう。

中には、「店員さんがかわいいから」「落ち着いた雰囲気だから」いうのもあるけれど。

 

某所で、耳が聞こえないことを理由に入店を断られた、という話があったくらい、

 お店に入るときは多少の「壁」みたいなものがあったりします。

 

ちょうどこんな記事を発見。

 

biz.yubisashi.com

 

コミュニケーションしやすさというのは、特にろう者にとっては重視する部分。だからどうしても、同じお店に集まりがちな行動も見られたり、24時間営業のチェーン店に行ったり。

 

でも、最終的には、飲食店を選ぶのは個人の自由なので、いろいろなところに聞こえない人を見かけるようになれたらいいな。