うすいの気まぐれな日記

手話、聴覚障害、マイノリティなどについて発信するブログです。

とっさに書けること

街を歩いていると、見知らぬ人に声をかけられることもあります。 「あ、すみません。聞こえません」と耳を指差す。 「あ、そうでしたか、では書きますね」ととっさに紙に書いてくれると、もうそれだけで安心します。道を尋ねられ、「すみません、書いてもら…

口がかたい

一年中ホットコーヒー派でしたが、さすがに暑すぎて飲む気になれないです。 新潟で高温注意報が出ました。どうりで暑すぎる! (あんまりにも暑いので、グイッと) でもこの暑さでも、エアコンをもったいないから使わないという家もあります。額に汗をかいて…

手話で話している島

SNSで最近紹介されていた、DASH村ならぬ「手話の村」。 インドネシアのとある村で、村民たちが手話で話し、ろう者も溶け込んでいる様子が取材されていました。(動画あり) www6.nhk.or.jp 個人的にはもっとどういう背景があって、どういう文化があって形成…

デフリンピック開幕

「サムスン?」 韓国の企業名だと思っていたら、「トルコ・サムスン」。そういう地名があるのですね。 夏季デフリンピックが先日始まりました。 デフリンピックというのは、文字通り「DEAF(ろう)」「Olympic(オリンピック)」の組み合わせで、世界中のろ…

内なる常識、時には非常識に

先日に続いて、佐渡ではここにも立ち寄りました。 「蓮華峰寺(れんげぶじ)」。 www.pref.niigata.lg.jp 「紫陽花寺(あじさいでら)」とも呼ばれている、島の鎌倉。 このお寺、珍しいのは「登る」のではなく、「降りて」本堂に向かうのです。 参拝する時、…

たらい舟の町

あいにくの曇り空。朝から佐渡へ。 佐渡への行き方は、ジェットフォイルとカーフェリーの二つがあります。 www.sadokisen.co.jp カーフェリーに車載せたらラクだろうなぁと思ったら、ちょっと高め…。現地でレンタカー借りた方がお得な気が。 カーフェリーは…

今日の一枚

(in Sado)

今日の一枚

「空港で見た和」。

小さな積み重ね

小さな習慣は「積み重ねている作業」の一つ。 例えば、 朝ごはんを食べている時(朝ごはん抜いてる人もいるけれど、ちゃんと食べてね)、 歯を磨いている時(歯医者さんにお世話になっているので説得力ゼロ)、 誰かと話をしている時(この仕事を始めてから…

飛行機事故を激減させた日本人

今年はなぜかずーっと心休まる日がないですが、合間にいくつかの本を読んでいます(同時に複数の本を読むので、時々「あれ?どこに書いてあったけ?」なんてことも実はあったり)。 最近書店にふらりと立ち寄ったら、「飛行機事故を激減させた天才気象学者」…

電話のない時代

遠くに住んでいる人へ伝えたい、伝えなくてはならない。 そんなとき、今はメールや電話という方法があるので、わざわざ出かけたり手紙を書くことは少ないと思います。中には、テレビ電話(スカイプやLINE)で事足ります。 携帯電話がなかった時代、それぞれ…

成長を楽しむ

今日は特に暑かったです(こんなに暑いんだったら、8月はどうなるやら)。 職場にある「ひまわり」もぐったり。 毎朝、水をやると「よし、今日もがんばりまっせい〜」と話しかけてくれる感じです。 昼間はぐったり。でも、帰る前に振り向くと「また明日ね」…

異常と治療

今日は「いじょう」と「ちりょう」が読み取れませんでした。 聴者と話をしている時は、読唇術を使うこともあります。どくしんじゅつ。 文字通り、唇(口)の形、動きを見ながら読み取るスキル。 これって、ずっと使っていない期間が長いと落ちるものですね。…

夏休みといえば、自由研究

ほんとに暑いですね。車を走らせていたら、道路脇にある温度計が「35」になっておりました。ちょっと涼めるべく、過去の写真を一枚どうぞ。 ちょっとは涼しくなりましたか。 そろそろ夏休みを意識し始めるこの時期、子どもの時はすごく楽しみで「早く20日が…

美味しいヨーグルトになりなさい

『腐った牛乳になるくらいなら、美味しいヨーグルトになりなさい』 何なんだ、この衝撃なタイトル! 著者を知らない人から見れば「なんじゃ?料理の本?」と思うかもしれないけど、違います。 新潟に来た時から愛用している手帳、W'sダイアリーの和田裕美さ…

質問に答えられない

「最近、調子はどうでしょうか」 「どのようにお考えでしょうか」 「その辺りについては、どうしたいと思っていますか」 このようなオープンクエスチョン、時々見かけます。 もちろん、「今からお風呂入る?」「コーヒー飲みます?」といったクローズドクエ…

鬼も黙るスイーツ

人間なので、ときどき体調が優れない日もあります。そんな日は寝込むべし、と前から思っていました。 でも最近は「じゃ、今日は食べに行こまい!」と切り替えています。もちろん、胃腸が優れないときは別だけれど。 今日もそんな日。海鮮あんかけ焼そば(こ…

変わらなさ

年月が経つと、変わることもある。 変わらないこともある。 それなのに、人はどこかで「変わる」ことを求めて、「変わらない」ことを良しとしなくて。 いいじゃない、変わらないことがあっても。 守るべきところをしっかり守るための「変わらなさ」。 (ただ…

そう言っていた(と思う)

朝から雨。 6ヶ月分はもう降ったんじゃないか、と思うくらいずっと降り続いていました。 案の定、電車が満員状態に。「ああ、ホームに立っているだけで蒸し暑いのに、社内でも我慢しないといけないのね」と労いの言葉を心の中でかけました(職場から駅のホ…

シャワーとお花

今日は大雨。目の前の車がシャワー浴び続けているのを、ただ、見ることしかできない。 ふと気づいたら、紫陽花が咲いてて。 一昨日まで、怒涛の日々だったため、身近な自然を見落としていました。 ああ、梅雨だなぁ。夏だなぁ。 紫陽花が、そろそろ暑くなり…

日本語を調整して伝える

今日の新潟市はまさに梅雨シーズン。こんな日はきっと、カエルの鳴き声が聞こえるだろうなぁと想像を巡らしながら…読書。 以前のブログでも紹介した「やさしい日本語」、読み終えました。 syuwakoushi.hatenablog.jp タイトルの「多文化共生社会」にあるよう…

6年前に始まった日

6年前の今日。 現在のNPOの前身、任意団体を立ち上げた日。 当時は、これから本格的に始まる未来にわくわくしていた。当然、現実的にはこの日の前も後も、決して楽しいことばかりではなかった。理不尽なことに悔しさを覚えたことも。でも、一人では作り上げ…

アドリブと通訳

人前で話す機会が何度かあります。 特に講演で話すとき、手話通訳者と打ち合わせてから話すこともしょっちゅう(ここ大事!打ち合わせしない人もいるらしい)。基本的にはパワーポイントのスライドに合わせて進行するか、板書しながら話すかのスタンスでやっ…

過去からの贈り物

郵便受けに何かが届いている。何だろうと思って、中を見るとDVD。 「そうだった、予約していたものだった!」。 過去の自分からのプレゼントみたいな感じがして、ほっこり。 パッケージを見ただけで、異国の地への旅が目の前に広がって。楽しみがまた一つ増…

見えない音

いつの頃だったか、夜空を見上げた時、隣にいた彼から「ねぇ、あのお月様には音があるんだよ。知ってた?」。 今日はスタジオで仕事。プロの方と打ち合わせながら映像の編集作業を確認。 短時間での集中的な打ち合わせだったこともあり、通訳のおかげで円滑…

ないものねだりするなら這い上がろう

ああしてくれ、こうしてくれと要求する。 這い上がりは、そこからどうやったらいいかを考えるために上を目指していく。 這い上がっていく人生、楽しいはずだけど這い上がっている途中がしんどい。 それでも、ないものねだりよりは、行動で示せている「這い上…

見えないところで守られている

講義の仕事について、今日も打診がありました。今回は、他のスタッフに任せることに。お仕事があることは、本当にありがたいことです。 通訳、生活、就労などのキーワードで聴覚障害についてお話しすることがあります。他の障害に関しては素人なので常に、当…

アインシュタインとポチ袋

なんでアインシュタインとポチ袋?と思った方、写真をご覧ください。 小さな袋が欲しいと探していたら、舌をペロッとした彼と出会いました。一目惚れです。 なんてこんな面白いものを作っているのだろう!と感動して、ググってみたらこの方が作っていらっし…

山を一つ超えると、次の山がある

今日、一つの山を超えました。山に登るって、登っている時がキツくて、しんどい。 (登山経験はそんなにないです…) でも、頂上まで行くと達成感、開放感、安堵感、いろいろな感情がぷわぁ〜っと出てくる。今日がまさにその日で、疲労感も一気に出てしまいま…

今読んでいる本

いつもなら読み終わった本を紹介していますが、今日は現在進行形です。 「やさしい日本語」。 やさしい日本語――多文化共生社会へ (岩波新書) 作者: 庵功雄 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2016/08/20 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) を見る …

トレーニングは一つの習慣

最近、身体のあちこちが痛いなぁと思ってたらトレーニングの効果が出てきていました。インストラクターに教わりながら鍛えているけれど、回数を重ねると、同じメニューでも案外「あ、少しラクに動けているな」と実感。 そう思った時点で、さらに負荷のかかる…

通訳の悩み

今日はちょっと長いです。お時間のある方はぜひお付き合いください。 世の中で、二番目に古い仕事は「通訳」と言われています。 通訳といえば、日本人と外国人の間に入って言葉を訳す仕事というイメージを持たれますが、手話通訳もあります。日本人同士の中…

猫と高校生の話

「本を守ろうとする猫の話」。 本を守ろうとする猫の話 作者: 夏川草介 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2017/01/31 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る 実用書ばかり読んでいると、時々小説を読みたくなる。でも、小説を読み始めたら時間…

歴史に残る瞬間

私の周りに、ゴルフに関心がない人も「全米オープン」で松山英樹さんが2位タイに入ったことを知っていたので、知名度の高さに驚いています。 sokuho.alba.co.jp もともとゴルフは好きなので(スコアはそんなに良くないけれど、かつてはアプローチショットの…

話しやすい、相談しやすい

今日もあちこち出かけたのに、スマホの写真が1枚もない。 最近、スマホのカメラを起動するたび「ストレージに空き容量がありません」と表示されます。こういう時に一括でリセットできたらどんなにいいかと何度か思ったけれど、備忘録として写真におさめてい…

子育てのヒント

子育てしている友人たちと話していると、ほんとにママってすごい!とリスペクトな気持ちになります。 だって、しっかり子どものことを考えて育てていく覚悟も決まっているから。 私なんか、人を相手に管理職も含めて、仕事をしている立場で人を育てることの…

メールの方が「お互い様」

仕事で「すみません、ちょっとお話ししたいのですが」と電話が時々あります。 スタッフが「うすいさーん!電話ですって」と受話器を差し出してきます。 あのう、わたしゃ耳聞こえへんで(実際に話すときは関西弁ではない)。 スタッフは当然、私が耳が聞こえ…

人前で話すということ

今週は人前でお話しする機会がいくつかありました。 今日は航空関係の専門学校の授業。いつもは他の講師が出向いています。 手話を教える以外に、聞こえない立場で困るかな?と考えられることについて聞いてみました。 障害があるからできない、というイメー…

高速道路で行く理由

新潟市内にはバイパスがあります。新潟市南西から北東まで全長37kmくらい。 初めて新潟に来たとき「あれ?今、高速道路走っている?」と錯覚してしまうくらい、高速道路のような道です。通行量が多く、無料区間になっています。しかも、信号がない。 新潟市…

あの音、意外と大きいかも

今日もお世話になりました。歯医者さん。 歯医者さんといえば、「あの音が嫌だから行きたくない」という話も聞きます。エアタービンというそうですね、素早く高回転するアレです。 どれくらいの音がするのか想像できません。補聴器外していると全く聞こえな…

小さな判断の積み重ね

何食べたい?という問いかけに、「なんでも良いよ」。 どれが良いと思う?と聞かれて、「どれでも良いよ」。 なんて優柔不断!!とカチンときた方は、判断力がついています、たぶん。 気配りのつもりで、謙虚のつもりで答えたとしても、相手に頭を使わせてい…

トップアスリートの姿

今日たまたま、カヌーで銅メダル取った羽根田卓也さんがテレビ出演。 武井壮さんをはじめ、アスリート達が出演している番組で、カヌー競技がどういうものなのかについてオリンピックの映像を解説していました。 恥ずかしながら、カヌー競技のルールは全く知…

チケットホルダーは便利

用事あって名古屋へ。 名鉄電車に乗ろうとホームで待っていると、撮り鉄が数名。私が乗ろうとしていたのは、特急車両。学生時代に通学でよくお世話になっていた電車とはいえ、少々古い感じの車両だったはず。 なぜ今更?と不思議に思っていたら、ホームに入…

締めのラーメン

金曜日の夜、この日は朝から目が回るくらい忙しかった。そして、こういうときに限って怪我してしまうことも(私ではなく他のスタッフ)。 小さな怪我で大したことなかったけれど、こういうことが次から次へと重なる。「ああ、ついてない」。 そして、一日の…

普通の会社、普通の学校

「普通の会社に入ればいいのに」 「フツーの会社に入ればいいのに」 事情があって現在仕事をしていないろう者に対して、他のろう者が言った言葉。 「普通の会社」というのは、あくまでも一般企業のことを指し、会社の規模に関わらず「聞こえる人が働いている…

ベン・ハーとモノクロ映画

60代〜70代の高齢者たちとお話をする機会があり、今日は映画の話になりました。 映画といえば、手話の表し方が異なっていました。 今の手話だと、スクリーンに映し出すというイメージで右手を斜め上に向けながら上げます(もしくは、「テレビ」という単語と…

自分で遊びたい

『山野で自由な遊びを覚えた子供たちは全員言うのである。 「ゲームやディズニーランドは少しもおもしろくない。ぼくは遊ばされらのではなく自分で遊びたい」』。 (以下から引用) webshop.montbell.jp 自分からやってみたい、やりたいと思うものなら時間を…

ハイブリッドな生き方

先日、子連れファミリー定番のサファリパークへ行ってきました。幼い時に行って以来、数十年ぶり(当時の記憶では、怖かった!の一言に尽きます)。 車に乗って動物の住まいに立ち入りながら(スミマセン、と心の中でつぶやきながら)、ライオン、シマウマ、…

旅の本

インターネットの発展で、海外旅行も身近なものに。 旅行できなくても現地の写真が観れる。ウィキペディアで町の名前を検索してみるだけでも、ちょっとした疑似体験ができる。リアルな体験には敵わないけれど。 インターネットが普及する前、学生だった頃は…

早朝は割と空いている

ここ一週間、なかなかまとまった時間が取れず。今日は朝、久しぶりにスタバへ。 行くたびに混むのでしばらく遠ざかっていましたが、朝は割と空いていて快適。パソコン持参してパパッと素早く打ち込む姿に感動しながら、私はアナログ式で読書。 今日の新潟は…