読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うすいの気まぐれな日記

手話、聴覚障害、マイノリティなどについて発信するブログです。

この漢字、何て読むの

読めない漢字に出会うと、だいたい下記の方法で調べます。 ・近くにいる人に聞く ・スマホで調べる 学生の頃は漢和辞典で調べていたけど、今の学生はスマホで調べるのでしょうか(その方が手っ取り早いという理由で)。 辞典を開くのは面倒くさい作業で、パ…

直感で決める

「これにしよう」「この人いいな」「今日はこうしよう」。 外食先でメニューを選ぶとき、「決めるの早いなぁ」という人もいれば、「まだ決められてないのかな」という人もいます。 ずっと前から、直感で決められる人はどうやって?と漠然と気になっていまし…

コーダの存在

こうだから、こうしないといけません。ああだ、こうだ。 すみません、そういうことではなく「コーダ(Coda)」。 手話を使う人の間では「コーダ」についての話題も出てきます。 コーダというのは、Children of Deaf Adultsの頭文字をとったもので、「聞こえ…

タイトルは大事

「寝るまえ5分の外国語」(黒田龍之助著)を読みながら寝るのが習慣、とかっこよく言いたいけれど、ついつい読み込んでしまうくらい面白い。 短すぎず、2ページで一つの話題が終わるので読みやすいです。 この本を買ったきっかけは、「大学生からの文章表現…

無料のジェットコースター

今日も真夏のような暑さ。5月なのに、30℃までいっちゃうと「ああ、今年の夏は大丈夫かしら」と心配に。水分補給はしっかりしていきたいものです。 東京からの来客があったので、昨日は加茂市へ。ちょうど「加茂祭り(乳母祭り)」があり、道路が通行止め、屋…

会いたい人に会う

会ってみたい人に会う。話を聞いてみたい人から話を聞く。 同じ人に会っても、人によっては感じるものが異なる。同じ話を聞いても、人によっては受け止め方が異なる。 本を読んだり、テレビやSNSで「会ってみたい」と思った人から、直接話を聞くことってすご…

朝の草取り

昨日から急に気温が上がり、真夏のような日射が。 熱中症に気をつけて、と呼びかけを久しぶりに見かけました。いよいよ、夏が近づいてきています。 (くまモンも温泉に?) 職場のまわりに草がぼうぼうと生えてきたので、朝のうちにせっせと草取り。20~30分…

人は出会うべくして出会う

少し前に友人と話していたこと。 「失恋は、その時はすごく痛いけど、次の人に出会うために必要な時間」「付き合ってくれた人には感謝しなきゃね」。 人の出会いは、自分にとって「今」のタイミングで必要だからこそ出会うもの。 もし1年前だったら?もし1年…

次のステージへ進むために

今のNPOを立ち上げて6年。 写真もかなり溜まってきました。今後も使えるように、仕事の合間に整理しています。自分は覚えているつもりでも、案外忘れかけていた場面がありました。そこが写真の良さ。 誰と一緒にいたのか、を客観的に見ると恥ずかしいような…

いくつかのハードル

「講演を聴きに行ってみたい」。 ポスターやチラシを見かけたとき、いくつかの選択肢があります。 講演に行ってみる、都合が悪いから行けない、友人を誘ってから考えてみる、行かない、などの選択肢の中から一つ選びます。 講演に限らず、スポーツの試合やラ…

自分に足りないもの

学生時代、「今やっておいた方が良いものってありますか」と周囲の社会人に聞いた中で最も印象的だったのが【自分に足りないものが何なのかを知ること。そこから勉強していくこと】。 今の自分に足りないもの・・・?と当時は、学業もあったし、社会人経験なん…

地域を元気にする

今日、新潟駅周辺を通りかかったら「仮面ライダー」に遭遇しました。 (新潟駅 南口) 運転中だったので写真撮れず・・・。思わず「あ!」と目で追いかけそうになりました。 この仮面ライダー、年に1回は見かけるか見かけないかの確率(あくまでも個人的に)で…

週末の息抜き

今週末、新潟市は曇り空です。雨も降り、風も強く吹いています。 明るくなったジム(最近、リニューアル!)でインストラクターの指導を受けながら汗を流してきました。身体動かすと、いかに日常生活の中で運動できていなかったか痛感します。 適度な運動こ…

「お土産」という気配り

今日も「3時のおやつ」が配られました。5年前にNPOを立ち上げたときは全然、そういう余裕がなかったけれど、今はほぼ毎日、お菓子が出てきています。 一気に仕事に集中してしまうタイプなので、このタイミングでお菓子が出てくると「ああ、もう3時か~」と少…

交流だけで身につけられるのか?

以前、手話講師を務めていたとき「交流だけで手話を覚えてきました」という聴者がいました。交流というのは、ろう者との交流であり、ろう者との関わりを通して日常会話が手話でできるようになったという。 ろう者の一部からは「飲み会やイベントに出ればろう…

ネイティブ同士でも通じない

今日は久しぶりに手話レッスンに参加してきました。 手話を教えることを生業としていたときは、教え方や学習者のニーズを分析したり教材を用意したりと何だか忙しかったけれど、久しぶりに参加してみると初心に返る思いがしました。 手話を始めたばかりの学…

苦手なことは無理しない

人間、誰でも苦手なことがあります。私も苦手なこと、いくつかあって、その一つが数字。 会計で数字を見るとき、一瞬で理解できないのがネック。 もともと数学が苦手ということで、数字を見てもさっぱり分からない。計算の仕方も「?」になりやすく・・・。 よ…

月曜日に走り出すために

社会人になった後、とある経営者が話していた「一週間の始まりは日曜日だ」に衝撃。それまでは、日曜日は休みと思っていたので「ええ!?」しか答えられなかったような。

新潟の小京都

「新潟って見るところあるの?」新潟人のほとんどが口をそろえます(何故?)。

時々間違えてしまうもの

今週、車が異様に汚れてきたので洗車しようと思ったら、雨。 黄砂が降りかかってきているから、と新潟人に言われてお互いに「仕方ないですねぇ」。 黄砂、こうさ、と読みます。おうさ、と思っていました。 漢字の読み方、今でもときどき間違えます。 ときど…

目で見て覚える

黄金週間もいよいよ終盤にさしかかりました。 新潟では珍しく快晴、快晴、かいせい。太平洋側と比べて、晴れることが少ない分「わぁ!まぶしい!」と嬉しくなります。 先日、仕事で耳の聞こえない高齢者たちとお話しする機会がありました。「連休中は何をさ…

私はスマホです。

助詞一つだけで意味が変わってしまう。 「私はスマホです」「私がスマホです」「私のスマホです」 ろう者の中には、助詞の使い方が難しいと頭を抱える人もいます。以前、日本語を書いている様子を見たとき、単語をまず並べて、その後に助詞を一つずつ入れて…

ライトアップ

仕事の合間にライトアップを見に行こうということで「北方文化博物館」へ。 博物館という名前からにしては、良い意味で期待を裏切られる場所。豪農の館と美しい庭園があり、時の流れがゆったり。 ちょうど今の時期、藤がライトアップで見れるという話があっ…

1ヶ月を振り返って

ここ1ヶ月間、と~っても長く感じました。転勤・転職したわけではないのに、何なんだ、この時間の長さは。 めまぐるしい仕事量だったということなのかは、ちょっと分からないけれど(いやいや、分からない時点でちょっと危ないんじゃないの)。 夜遅くまで…

公園の散歩

5月になりました。新潟にとってはチューリップが最もきれいに見れる時期。 晴れた日は公園へ!ということで、出かけてみたところ、土の上を歩くのは久しぶりでした。 微妙にでこぼこした、土の膨らみ、へこみ、歩きながら感じ取ってみると春の香りがします。…

日本語での読み方はいつ、どこで覚えるのかな

最近、言語学者の黒田龍之助さんの著作に触れています。 堅すぎない表現でおもしろく、さくさく読み進めることができて嬉しいです。 言語にまつわる疑問はいつでもどんなときでも出てくるのですが、その一つが「読み方はいつ、どこで知ったの」。 アルファベ…

平日に休むとメリット多し

ゴールデンウィークになりましたね。 予定が毎日入っててあちこち行かないといけないという話を聞くと、連休そのものが懐かしいです。 (古本屋で有名な神保町にて) 連休といえば、今の職場はゴールデンウィークも仕事。でも有給休暇取得率が高めなので調整…

スマホは文明の器

「クルーズ船が入港してきた」「タッパーにおかずを入れる」「バイオリンを弾く」・・・ カタカナ表記に対して、理解しづらい人がろう者の中にいます。 特に高齢のろう者は「え?今のは何?」と分からなくなります。文脈の流れで何となく、理解できるケースもあ…

相手は、必ずしも自分と同じではない

「私の場合はそうだった。だからあなたもできるはず」 「私はこの練習をして成功した。だからあなたもできるよ」「私はこれで失敗した。だからあなたもそうなるよ」 こういった助言は相手を思いやっているのが伝わるけれど、本当の意味で助言になっているの…

東京から遠い新潟、新潟から近い東京

出張で東京に行く度に「わざわざ遠くからお疲れ様です」と何かと疎遠されてしまう新潟。 東京~新潟を結ぶ上越新幹線で、最速1時間ちょっと着く便があります。1日1便だったような(いや、新幹線を呼ぶ個数は「1本、2本」だったのではないか・・・?)。 遅く…

本を読んでいて良かった瞬間

最近、巷で本を読む人が減ったという記事を見かけます。 小学時代は本を読むなんて苦しい作業でした。何が書いてあるのかさっぱり分からなかったし、そもそも文字だけでは堅苦しかったからというのが理由(そういえば、このブログも文字だけだった・・・すてき…

読み方が分からない

テレビのない生活を送っている、と話すとたいてい驚かれます。 ネットが普及しているから驚くほどではないのになぁと思うけれど、それでも「ええ?何で?困らないの?」と真っ先に言われるので、テレビがいかに国民の中に根付いているかよく分かります。 最…

体を動かすメリット

縁あってジムに通っています。 でないと、車での移動が多いのでどうしても運動不足になりがち。 車は便利だけれど、「灯台もと暗し」になりがち(いや、これは私だけ?)。車で走っている道を、あらためて歩いて回ってみると意外なところにお店があったり、…

手話通訳を知らないろう者

いつの頃だったか、メールのやりとりを通して「今度お会いしませんか」という流れになって、待ち合わせしていたとき。 私を見て、「え?ろう者ですか」。相手は手話ができる方なので、一言二言交わして、ろう者ということが分かったそうです。 「私はろう者…

通じないことがあってこそのコミュニケーション

仕事柄、ろう者同士の会話を観察するときがあります。 お互いに手話だったり、口話(こうわ)だったり。口話で話すときは、日本語として話すけれど、通じ合っていないまま話をしている場面が時々あります。 聴者同士、日本人同士でもありがちな場面なので、…

手書きのお便り

メールが連絡手段として使われているこの時代、耳が聞こえなくてもメールでのやりとりができる、まさに「文明の恩恵を享受」。 でも、時々、手書きの手紙を書いたり届いたりすると嬉しい。メールでもいいのに、わざわざ時間をかけて書いてくれるって、すごい…

定期購読は時間の締め切り

定期的に届いてくる雑誌があります。 定期購読を依頼(たまたまその雑誌は地方では販売されていない)しているので月2回のペースで送られてきます。 帰宅後に雑誌を手にするたび、「あ、今日は月の初めだからだなぁ」。 今日がいつなのかをあらためて教えて…

Apple Watchは「音」を伝えてくれる

今日、仕事している間ずっと違和感があって。腕時計を家に置き忘れてしまったので、ずっと違和感がぬぐえず。左腕が妙に軽くて。 腕時計は日頃つけているので、いつも時間を確認するときにはスマホよりも時計を見ています。時々、会食や誰かといるときはスマ…

あいづちが打てるようになりたい

「はい」「へぇ」「あ~」「うん」「そうですね」・・・ 会話の中で何気なく行われているあいづち。 相手に安心させたり、警戒されたり、興味を引いたり、と何でもできるあいづち。 あいづちがないと、会話が進まないというのは手話も同じであって、できること…

ドアの向こうにいる人を呼ぶためには

「コンコン」。 部屋の中にいる人に、「入りますよ」とドアをたたくアレです。音を出すことで、中にいる人が「あ、誰かが来る」と心構えしやすいようにお知らせするようなものです。 でも音が聞こえなかったら、突然ドアが開いてビックリすることに間違いな…

スルーしてしまう人もいるけれど、見る人もいる

「目を会わせろと言われても、どうやって合わせたらいいのか分からなかった」。 手話を習う人の中には、視線を合わせることに難しさを感じる人がいます。 日本語、英語、韓国語などの音声言語は、耳から入り、口から出てくるので、目をあまり使わなくても会…

初めての一歩は、成長へのスタート

スタート地点に立った時、誰でも「初めての一歩」を踏む。 その一歩がこの後に続くのか、あるいは戻ってしまうのか、全く別の方向に向かうか。 これによって、これからの生きる道が変わってくる。 やがて、踏み出した一歩ずつこそが、生きるための糧になり、…

座り心地の良い座布団

畳で育ってきたので、フローリングのあるところでも時々座りたくなる時ありませんか。 ここ2年くらい愛用しているものが、スノーピークのクッション。 store.snowpeak.co.jp フローリングの上で使っても形崩れしなく、半分に畳むこともできるので 使いやすい…

時間は作り出すもの、と言えるようになりたい

世の中のお母さん、お父さんはすごい!といつも思っています。 子供を産んで育てながら、仕事もちゃんとやる。家事もやる。(中には、我慢している人もいるようですが) 上記の「すごい」というのは、自ら選択した人生を歩んでいる中で、子供を育てながら仕…

耳が聞こえないのに「聞いてない」

え?そんな話があったの、聞いてない。 この「聞いてない」という言葉、日本語としては聞き慣れています。 でも、ろう者が「聞いてない」と表していることについて、「耳が聞こえないのに?」とちょっと不思議に思いませんか。 「知らない」という言い方だっ…

ラインは分からないけど、LINEは分かる。

日本人のスマホ使用率が高くなっているこの頃、LINEを使う人も増えてきているのでサクッと調べてみたら、2015年12月の時点で「6,800万人」。 Facebookは2,400万人、Twitterが4,000万人(あくまでも同じサイトからの比較)なのだから、LINEはとても身近なもの…

歯医者さんで、うっかりしてしまうこと。

最近お世話になってます、歯医者さん。 数年間、虫歯さんにごまかしてきたけれど、さすがにメンテナンスしないといかん!ってことで、通い始めました。 (どこまでも続く成田空港国際線ターミナルにて) 初診のときからずっと、歯科衛生士さんが丁寧に説明し…

鼻づまりの声がどんな感じなのか想像できない

初対面の人から「あのう、風邪ひいてますか」と言われる。

人に任せられる案件をもっと増やしていきたい。

「部下ができたら読む本」「リーダーとはこうあるべき」という自己啓発の本を何冊か読んだけれど、いざ部下を持つとなると、どこまで踏み込むか踏み込まないかという線引きに悩むようになった。 悩むと言っても、悩み方自体はちょっと違うのかも。 上司がい…

手話を使うと脳も鍛えられる?

とある本で「指は第二の脳」と書いてありました。普段、指をこまめに使うといえばパソコン、料理といった指を使う作業のときがほとんど。 ろう者は手話使うので、指をしょっちゅう曲げたり伸ばしたりしています。指を器用に捻ることもできたりしますが、脳へ…